眠っている金の卵たち

株式会社アース・キャスト

EarthCast

眠っている金の卵たち

こんにちは。アース・キャストダークファイバー担当です。

アメリカの情報スーパーハイウェイ構想を機に光ファイバー網は飛躍的に世界に広がりました。当時はすべてのコンピューターを光ファイバーで超高速につなげるという輝く未来を描いておりました。

日本でも2000年初頭、ITビジネスが飛躍し、当時の小泉政権のイー・ジャパン構想などの後押しもあり、東京中、いや日本中にダークファイバー(生の光ファイバー)が構築されました。しかしその後IT景気が停滞してしまいます。いわゆるITバブルの崩壊です。好景気時代に投資されたダークファイバーがいたるところで光を見ずに眠ってしまいました。使われなくなったダークファイバーは維持費がかさみ、償却費用もかかります。

しかしIT景気時代に構築されたダークファイバー、これらは宝の山だと私たちは思っています。このダークファイバーに再び息を吹き込む(光を射し込む)ことによって、当時日本中が夢見ていた世界最高速の情報社会が構築できるかもしれません。

アース・キャストでは利用者様やダークファイバーの所有者様、また社会のため、今眠ってしまっている「金の卵」であるダークファイバーそのものを探して、生き生きと生かそうとしております。このような構築したけれど現在眠ってしまっているダークファイバーの情報があればぜひご連絡ください。