ダークファイバー新設のお話

株式会社アース・キャスト

EarthCast

ダークファイバー新設のお話

こんにちは アース・キャスト ダークファイバー担当です。

今年もいくつかの場所でダークファイバー(光ファイバー)を新設することになりました。

通常はほかの会社様で持っている余剰の光ファイバーをお借りするのですが、足りない場所は自分たちで構築します。

真夏の電柱に登り、アスファルトの照り返しを受けながらの作業は、想像するだけでもクラッときます。

また、真冬のスキー場でも氷点下の中、電柱に登って光ファイバーを張ったことがあります。途中、本社に判断を仰ぐ場面があり、作業が一時休止となりました。作業班に「一度電柱から降りてきて暖かいものを飲んだらどうですか?」と聞いたところ、「一度ここから降りたら心がポキッと折れてしまうので、このまま電柱の上で頑張って待ちます!」と威勢の良い答えが返ってきました。プロ根性を見た気がします。

このようなプロで本気な作業員の方たちに私たちの光ファイバーは支えられています。